偏差値43の元バカ高校生が教える! たったの3ヶ月で偏差値を70後半へ急上昇させ、阪大に余裕で合格した禁断の受験攻略メソッド

もと偏差値43で親からもダメな子扱いをされながら塾にかよっていて、それでも成績が上がらなかった僕が成績を急上昇させた誰でもできる完全初心者向けの『勉強の成功法則』を伝授します!

【あなただけが知らない?】数学のトップシークレットを伝授します

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
才能がなく、親からもあきらめられていた僕が
わずか3ヶ月で偏差値を30近く上げ
『超難関大学』に合格したノウハウを大公開!
無料レポート『The root』~合格への道のり~
を受け取りたい方はこちら!


んにちは!   たかです!

 


今回は理系でも文系でも
合格のカギとなる科目

 

 

 

「数学」

 

 

 

についての記事です!

 

f:id:gennekihanndaisei:20170329151322j:plain

 

この記事で、あなたの
数学の成績を底上げします!

 

 

 

それくらい大事なことについて
書いていこうと思います。

 

 

 

「本当に数学の成績を上げたい!」

 

 

 

と本気で思っている人だけ
見てください。

 

 

 

逆に

 

 

 

「この記事は読まなくていいや」

 

 

 

と思ってしまったら

 

 

 

確実にあなたの数学の偏差値は
ずっと横ばいのままでしょう。

 

 

 

そして
どんどん成績を伸ばしていって

 

 

 

模試の志望校判定にもAが
つき始めている友達を見て
あなたはただ嫉妬することでしょう。

 

 

 

しかし、あなたは嫉妬心が
たまっていくだけで
勉強もうまくいかない。

 

 

 

評判のいい参考書を
何冊も買ってみるけれど

 

 

 

その効果は一向に現れず

 

 

 

「なんで俺だけ数学ができないんだ!」

 

 

 

と悩み続けることになります。

 

f:id:gennekihanndaisei:20170329151325j:plain

 

また、模試では
あなたの志望校判定にだけ

 

 

 

E、つまり「志望校変更」
記号が並ぶようになります。

 

 

 

あなたは
そんな模試の判定に落ち込み

 

 

 

勉強のやる気も下がっていき

精神的にも不安定になり

 

 

 

最終的に、志望校に落ちる。

 

 

 

そんなことになるでしょう。

 

 

 

あなたは、そんなことに
なりたくないですよね?

 

 

 

では、これから書くことを
必ず見てください!

 

 

 

全然難しいことではありません。

 

 

 

普段の勉強で
ちょっと意識を変えるだけです。

 

 

 

でもこのほんのちょっとしたことに
気付いていない人が多いのです。

 

 

 

僕は、塾の先生から
この方法を学びました!

 

 

 

このことを学んで実践し始めたら
僕の数学の成績は
どんどん上がっていきました!

 

 

 

いままで

 

 

 

「どうせ半分もいかないだろう」

 

 

 

と思っていた数学の点数が

 

 

 

「8割は固いかな」

 

 

 

と思えるくらい数学が
得意になりました!

 

 

 

それからは、数学の試験が
楽しみでしょうがなくなりました。

 

 

 

なぜなら、面白いように
点数が取れるのですから。

 

 

 

数学の試験が返ってくるたびに
友達にドヤ顔できるのです!

 

 

 

自慢できるのです!

 

 

 

周りのみんなが

 

 

 

「全然解けなかった...」

 

 

 

と言っているのに、あなただけが

 

 

 

「一応全部解けたよ」

 

 

 

ということができます。

 

 

 

そして、あなたは
みんながうらやむくらいの

 

 

 

「超難関大学
現役合格することができるのです。

 

f:id:gennekihanndaisei:20170329151328j:plain

 

さあ、数学の成績を
そんな最高の状態にする方法とは

 

 

 

「計算力を鍛える」

 

 

 

ということです。

 

 

 

「え?どういうこと?」

 

 

 

と思うかもしれません。

 

 

 

今から具体的に説明しますね。

 

 

 

要は、大学受験では
計算力がすべて、ということです。

 

 

 

昔の僕は

 

 

 

「数学は答えまでの考え方が
わかれば大丈夫だから計算はいっか」

 

 

 

と計算を面倒くさがってました。

 

 

 

数学が苦手な人は
この傾向が強いです。

 

 

 

しかし、大学受験では
何千人が数学の問題を解くのです。

 

 

 

採点側からしたら答えが
あっているかが
点数を与える基準となります。

 

 

 

いちいち考え方まで見ていたら
採点が終わりません。

 

 

 

なので、考え方も大事ですが

 

 

 

「答えがあっているか」

 

 

 

を採点者は最重要視するわけです。

 

 


つまり、答えに正確に
たどりつけるための
「計算力」が大事なのです。

 

 


なので、あなたはこれから
数学の問題を解くときは

 

 

 

「計算がしっかりあっているか」

 

 

 

を意識してください。

 

 

 

あっていなかったら何回でも
計算しなおしてください!

 

 

 

この作業はつらい時もありますが
これをすることであなたの数学力は
跳ね上がります!

 

 

 

なので、今すぐ

 

 


「数学は計算力がすべて」
と肝に銘じてください!

 

 

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

 

 

 

ではまた次の記事で
お会いしましょう!