偏差値43の元バカ高校生が教える! たったの3ヶ月で偏差値を70後半へ急上昇させ、阪大に余裕で合格した禁断の受験攻略メソッド

もと偏差値43で親からもダメな子扱いをされながら塾にかよっていて、それでも成績が上がらなかった僕が成績を急上昇させた誰でもできる完全初心者向けの『勉強の成功法則』を伝授します!

【必見!】誰も知らない長文読解の最新攻略法②

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
才能がなく、親からもあきらめられていた僕が
わずか3ヶ月で偏差値を30近く上げ
『超難関大学』に合格したノウハウを大公開!
無料レポート『The root』~合格への道のり~
を受け取りたい方はこちら!


んにちは!     たかです!

 

 

今回も前回と同じように
「英語長文の読解法」
についてお話しします!

 

f:id:gennekihanndaisei:20170329141430j:plain

 

前回では 
「一文読解を大事にする」
ということをお話ししました。

 

 

 

しっかりと一文を訳せるかが
重要ということですね。

 

 

 

今回はそれに加えて
「長文を早く読むコツ」
を伝授します!

 

 

 

この方法は
英語長文を読み終わったあとに
〇〇をすればいいだけです!

 

 

 

とても簡単なので
やろうと思えば誰にでもできます!

 

 

 

この記事を
読んでいればあなたは

 

 

 

長文をまるで漫画を
読んでいるように
スラスラと読むことができます!

 

 

 

「もっと早く読めればいいのに...」

 

 

 

と思うことは一切なくなるでしょう。

 

 

 

そして、英語の試験で
時間切れになることも
まずないでしょう。

 

 

 

英語を一回一回日本語に
訳さずに英語を英語のままで

 

 

 

意味を理解することが
できるのです。

 

 

 

英語→日本語→理解から
英語→理解となるので

 

 

 

早くならないはずがありません。

 

 

 

しかし、〇〇という
とても簡単な作業を
おこたったりすると

 

 

 

どんなに良い参考書を買ったり

 

 

 

どんなにすばらしい
先生の授業を受けても

 

 


あなたの英語の成績は
平行線のままです。

 

 

 

そして、あなたは自分の成績が
上がらないのを周りのせいにします。

 

 

 

「先生の教えるのが下手すぎ」

 

 

 

「あの参考書はわかりづらい」

 

 

 

「こんなところじゃ
全然勉強できない」

 

 

 

しかし、そんなことをしても
あなたの成績は変わりません。

 

 

 

「長文が全然読めるようにならない...」

 

 

 

「長文の勉強って
なにすればいいんだ...」

 

 

 

と悩み、それが解決されないまま
試験本番を迎えることに
なるでしょう。

 

 

 

そして、内容が全く理解できず
最終的にはあてずっぽうで記号を
かくことになります。

 

 

 

英語長文の配点はどの大学も
高いのでこんなことをしていては
受かるはずもありません。

 

 

 

長文問題を落とすということは
試験自体を落とすようなものです。

 

 

 

そして、あなたには大学側から

 

 

 

「不合格」

 

 

 

という受け入れがたい事実を
突きつけられることになります。

 

f:id:gennekihanndaisei:20170329141420j:plain

 

そんなことを解決する
英語長文を早く読むための
長文を解いた後にする○○とは

 

 

 

「音読」

 

 

 

です!

 

f:id:gennekihanndaisei:20170329141417j:plain

 

「長文の意味も全部わかってるのに
音読ってする意味ある?」

 

 

 

と思う方もいるかもしれません。

 

 

 

しかし、一回騙されたと思って
やってみてください。

 

 

 

どんどん英語が
得意になっていきますから。

 

 

 

僕が保証します。

 

 

 

僕も最初は

 

 

 

「音読なんて時間の無駄だわ」

 

 

 

と思っていました。

 

 

 

しかし、音読を一週間くらい
続けてみると英語が
スラスラ読めるようになってきました。

 

 

 

音読はあなたが
思っている以上に効果があります。

 

 

 

さて、「音読」が大事と言いましたが

 

 

 

音読をするにあたって
注意してほしいことが
いくつかあります。

 

 


よく覚えておいてください

 

 


【注意点】

 

・音読は完璧に理解した文章で行う
(一文読解をすべて行った文章)

・和約を思い浮かべながら音読をする。

・最低5回は行う。

 

 

 

このことを守らないと
あなたのしていることは

 

 

 

「音読」ではなく
「ただ文章をよむだけ」
なってしまうので必ず守ってください。

 

 

 

では、試しに次の文章を
音読してみましょう!

 

 

 

Makoto went to Chicago and stayed
at John's house in the spring vacation.

 

 

 

It was still cold in Chicago.
Makoto visited many places
in Chicago with John's family

 

 



マコトは春休みにシカゴへ行き
ジョンに家に泊まった。

 

シカゴはまだ寒かった
マコトはジョンの家族とシカゴの
多くの場所を訪れた。

 

 

 

音読をして英語の成績を
ガンガン上げてやりましょう!

 

 

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

 

 

 

ではまた次の記事で
お会いしましょう!