読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏差値43の元バカ高校生が教える! たったの3ヶ月で偏差値を70後半へ急上昇させ、阪大に余裕で合格した禁断の受験攻略メソッド

もと偏差値43で親からもダメな子扱いをされながら塾にかよっていて、それでも成績が上がらなかった僕が成績を急上昇させた誰でもできる完全初心者向けの『勉強の成功法則』を伝授します!

【必見!】誰も知らない長文読解の最新攻略法①

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
才能がなく、親からもあきらめられていた僕が
わずか3ヶ月で偏差値を30近く上げ
『超難関大学』に合格したノウハウを大公開!
無料レポート『The root』~合格への道のり~
を受け取りたい方はこちら!


んにちは!    たかです!

 

 

今回は「英語の長文読解」を 
得意にする方法をお伝えします!

 

f:id:gennekihanndaisei:20170329133720j:plain

 

以前の英語の記事では

 

 

 

「英語でもっとも
重要なことは英単語である」

 

 

 

ということをお伝えしました!

 

 

 

まだ見ていなかったら
ぜひ見てください!

 

 

 

しかし、英単語を覚えるだけでは 
長文読解を攻略できないのも
事実です。

 

 

 

英単語の意味が分かっていたら
だいたい長文の話の内容は
つかめるでしょう。

 

 

 

しかし、そんな「だいたい」の内容で
すぐに「合格」が出るほど大学受験は
甘くありません。

 

 

 

この記事は

 

 

 

「英単語は覚えたのに
長文読解が全然解けない」

 

 


「なんで長文になると
解けないんだろう?」


 


とおもうあなたのために
二回にわたって長文読解の
最新攻略法をお話しします!

 

 

 

今回のテーマは
「長文の内容を確実に把握する」
です。

 

 

 

今回、次回と僕の記事を見て
そのことをやっていると

 

 

 

あなたの長文読解力は
どんどん伸びていくでしょう。

 

f:id:gennekihanndaisei:20170329133723j:plain

 

どんな英語の問題でも確実に
長文問題は入っています。

 

 

 

特に、センター試験なんかは
6~7割くらいは長文問題です。

 

 

 

そこで、長文読解力が
あるとどうなるか?

 

 

 

あなたは、センター英語を

 

 

 

試験時間の半分で
終わらせることができるでしょう。

 

 

 

周りの人は

 

 

 

「なんであいつだ
終わってんの?」

 

 

 

と思うことでしょう。

 

 

 

そして、二次試験の英語でも

 

 

 

長文問題をさっさと
終わらせることができます。

 

 

 

どれだけ長い文が出てきても
あなたは楽々と
訳せるようになります。
 

 


そして、長文問題をすぐに
終わらせることで

 

 

 

時間のかかる自由英作文などに
時間を回すことができます。

 

 

 

もう、英語に関しては
怖いものなしです。

 


 
悪い点数を取りようがありません。
 

 


英語の試験で手ごたえを
つかんだあなたは

 

 

 

他の教科でも自信をもって
受けることができるでしょう。

 

 

 

最終的には、あなたは周りから
尊敬されるような超難関大学

 

 

 

あこがれのキャンパスライフを
送ることができます。

 

f:id:gennekihanndaisei:20170329133713j:plain

 

あなたの将来は明るく
刺激的なものとなるでしょう。

 

 

 

「何としてでも英語で
いい点数を取りたい!」

 

 

 

と本気で思っている
あなたにだけお伝えします。

 

 

 

その方法は

 

 

 

「長文読解のまえに
一文読解をおこなう」

 

 

 

です!

 

 

 

一文読解とは
その名の通り一文を
完璧に訳せるようにすることです。

 

 

 

自分ではこのことが
できていると思っていて、

 

 

 

実際これができていない人が
意外といます。

 

 

 

ろくにこのことができないのに
長文読解に手を出す人が
とても多いです。

 

 

 

一文が訳せないのに
長文だったら訳せるなんてことは
あり得ません。

 

 

 

この一文読解で意識してほしいことは

 

 

 

・主語、動詞などの文要素
・関係代名詞
・to不定詞の用法

 

 

 

です。

 

 

 

関係代名詞だと
There is a boywho is running in the park.
という文章で

 

 

 

このwhoの関係代名詞は
parkまであってboyにかかっている 

 

 

 

to不定詞だと
There are many things to see in the city.
という文章で

 

 

 

このto不定詞は形容詞的用法で
thingにかかっている

 

 

 

のように、ひとつずつ
確認していってください。

 

 

 

これを長文すべてで行うには
時間がかかるのですが

 

 

 

この作業は絶対にやってください。

 

 

 

読む長文は少なくてもいいので
この作業は行ってください。
 

 


そうすると、気づいたころには

 

 

 

長文の内容が驚くほど簡単に
頭の中に入ってくるでしょう。

 

 

 

では試しにこの例文を
一文読解してみてください!

 

 

 

 The doctor whom he visited is famous

 

 


答 

 The doctor whom he visited・・・主語
 is           ・・・動詞
famous         ・・・補語

 

 

 

またwhomの関係代名詞は
he visited まであって
doctorにかかっている

 

 

 

和約は
「彼が訪れた医者は有名だ」
です。

 

 

 

次回では
「長文を早く読むコツ」
をお伝えします!

 

 

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

 

 

 

ではまた次の記事で

お会いしましょう!