偏差値43の元バカ高校生が教える! たったの3ヶ月で偏差値を70後半へ急上昇させ、阪大に余裕で合格した禁断の受験攻略メソッド

もと偏差値43で親からもダメな子扱いをされながら塾にかよっていて、それでも成績が上がらなかった僕が成績を急上昇させた誰でもできる完全初心者向けの『勉強の成功法則』を伝授します!

だから、あなたの成績は上がらないんです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
才能がなく、親からもあきらめられていた僕が
わずか3ヶ月で偏差値を30近く上げ
『超難関大学』に合格したノウハウを大公開!
無料レポート『The root』~合格への道のり~
を受け取りたい方はこちら!


んにちは!    たかです!

 


今回は

 

 

 

「問題を解くにあたって」

 

 

 

というテーマで
お話しさせてもらおうと思います!

 

f:id:gennekihanndaisei:20170329133202j:plain

 

あなたは、問題を解くとき
何を意識していますか?

 

 

 

もちろん
解けることもとても大切です。

 

 

 

しかし、将来的に
難関大学に合格するためには

 

 

 

「問題が解ける」ことより
もっと大切なものがあるのです。

 

 

 

それを今回は
お話ししたいと思います。

 

 

 

このことを知っているかどうかで
あなたの成績は
大きく左右されるでしょう。

 

 

 

よく考えてみてください。

 

 


学校でも、配られた問題集などを
クラスのみんなで
問題演習しますよね?

 

 

 

みんなで同じ問題を
解いているのです。

 

 

 

なのに、なぜあんなにも
クラスの中で学力の差が
開いてしまうのでしょうか?

 

 

 

もちろん、「塾に通っている」なども
あるでしょう。

 

 

 

しかし、そんなことよりも
大事なことがあるのです。

 

 

 

このことを知っていれば
あなたの偏差値は
急上昇するでしょう。

 

 

 

問題を100%
利用することができるので

 

 

 

問題集をすべて解き終わったころには
周りの友達に大きな差を
つけることができているでしょう。

 

 

 

そして、あなたの模試の
志望校判定には次々とAが
増えていくことでしょう。

 

 

 

あなたは、今まで一回も
勝ったことのないエリートたちを

 

 

 

ごぼう抜きにすることができるのです!

 

f:id:gennekihanndaisei:20170329133037j:plain

 

友達からは

 

 

 

「あいつはやっぱ別格だわ」

 

 

 

とうらやましがられ

 

 

 

あなたは

 

 

 

「大学受験なんて余裕だわ」

 

 

 

と思え

 

 


入試本番もぶっちぎりで
合格することができるでしょう。

 

 

 

想像しただけで
ワクワクしますよね?

 

 

 

逆にこの記事を読まなかったら
あなたは、ずっと今の状態でしょう。

 

 

 

「学校の問題集なんか
やっても意味ないし」

 

 

 

と考えているようでは

 

 


いつまでたっても
今の状況から抜け出せないでしょう。

 

 

 

そして、あなたの問題種だけ
意味のない紙きれに
なってしまいます。

 

 

 

無駄に本屋に行き
高いお金を出して参考書を
買ってみるけれど

 

 

 

全くと言って効果が表れず

 

 

 

親からは

 

 

 

「何のために参考書買ってるの?」

 

 

 

「お金に無駄じゃない?」

 

 

 

と言われるでしょう。

 

 

 

そして、合格発表で
まわりが喜んでいる中

 

 

 

あなたは、後ろのほうで
自分の番号がないことを見て

 

 


呆然と立ち尽くすでしょう。

 

f:id:gennekihanndaisei:20170329133110j:plain

 

「自分は、いままで
何をやってきたんだろう...」

 

 

 

と思い、虚無感に襲われるでしょう。

 

 

 

その時に初めて気づくのです。

 

 

 

今回僕が言ったことの重要性を。

 

 

 

そんなことにならないための
「問題を解くにあたって」
注意することは

 

 

 

「自分がこの問題を
通して何を学んだか」

 

 

 

を意識することです!

 

 

 

今の受験生は

 

 

 

「問題を解いて答え合わせをする」

 

 

 

の人が多いです。

 

 

 

勉強方法が書いてある本でも

 

 

 

「答え合わせをして
しっかりと復習する」

 

 

 

までしか書いてありません。

 

 

 

でも、それだけでは足りないのです。

 

 

 

答え合わせをしただけではもちろん
その問題は永遠に解けるようにならず

 

 

 

復習したとしてもその問題しか
解けるようになりません。

 

 

 

少しでも問題形式が
変わった時点でアウトです。

 

 

 

全然解けないでしょう。

 

 

 

なので、あなたはこれから
問題演習をするときは

 

 

 

「この問題はこの知識を
使って解くことが重要だな」

 

 

 

ということを30秒でいいので
考えてみてください!

 

 

 

問題を通してそれに関する知識を
確認できるレベルにまで
学習の質を高めてください!

 

 

 

学力がある人は、このことを
知らず知らずのうちにやっています。

 

 

 

これをしていない、ということは
あなたは学力をもったひとになれない
ということです!

 

 

 

今すぐ始めてください!

 

 

 

そうすれば
あなたの成績を短期間で
急上昇させることも可能です!

 

 

まとめると

・問題をしっかり復習しても無意味

・問題を通して、周辺知識も確認

ということです!

 

 

 

では、試しに今日やった
問題で何を学んだか
考えてみてください!

 

 

 

では、今日はこの辺で。

 

 

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

 

 

 

ではまた次の記事で
お会いしましょう!