読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏差値43の元バカ高校生が教える! たったの3ヶ月で偏差値を70後半へ急上昇させ、阪大に余裕で合格した禁断の受験攻略メソッド

もと偏差値43で親からもダメな子扱いをされながら塾にかよっていて、それでも成績が上がらなかった僕が成績を急上昇させた誰でもできる完全初心者向けの『勉強の成功法則』を伝授します!

「超難関大学」に合格したい人以外は見ないでください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
才能がなく、親からもあきらめられていた僕が
わずか3ヶ月で偏差値を30近く上げ
『超難関大学』に合格したノウハウを大公開!
無料レポート『The root』~合格への道のり~
を受け取りたい方はこちら!


んにちは!    たかです!

 


今回は受験において
合否を左右する重要な科目

 

 

 

「数学」

 

 


の1科目に絞って
お話ししたいと思います。

 

f:id:gennekihanndaisei:20170307181228j:plain

 

数学は受験において
とても大切な教科です。

 

 

 

なぜなら、数学は1問の配点が
とても大きいからです。

 

 

 

僕が受けた大阪大学では

 

 

 

英語の配点が
1問5~10点くらいに対して
数学は1問30点でした。

 

 

 

1点差、2点差に何十人も
ひしめくような受験において
30点はとても大きいです。

 

 

 

一問解ければ余裕で合格
一問解けなければ不合格です。

 

 

 

これが数学の点数は
安定しないと言われている
一つの要因ではあるのですが。

 

 

 

これから話すことは
「超難関大学」の数学を
攻略するためには大切なことです。

 

 

 

正直な話、中堅大学くらいなら
学校の問題集をやっていれば
ある程度の点数はとれます。

 

 

 

なので、中堅大学を目指すひとは
わざわざこの記事を
読まなくてもいいです。

 

 

 

しかし、「超難関大学」となると、
その程度の対策では跳ね返されるのが
オチでしょう。

 

 

 

「超難関大学の数学」
攻略するためには

 

 

 

注意点があるので
この記事を読んでいる
あなたにだけお伝えします。

 

 

 

このことを身につけると
なにがおこるかというと

 

 

 

まず、数学が驚くほど
できるようになります。

 

 

 

数学の本質的な部分をついていて
小手先だけの勉強法とは違うので

 

 

 

「学校の定期テストでは
ある程度点数が取れるんだけど
模試になったら全然取れない」

 

 

 

ということがなくなります。

 

 

 

テスト返却の時、みんなが
落ち込んでいるのを
横目にみながら

 

 

 

あなたは優越感に
浸るとこができます。

 

 

 

数学のテストも
楽しくてしょうがなるでしょう。

 

 

 

だって、問題が面白いように
解けるのですから。

 

f:id:gennekihanndaisei:20170307181240p:plain

 

また、あなたは数学の
勉強法について聞かれ

 

 

 

「数学?何もやってないけど?」

 

 

 

とドヤ顔で
返事することができます。

 

 

 

そして、入試本番でも高得点を
出すことができるでしょう。

 

 

 

入試本番の数学は
正直に言ってとても難しいです。

 

 

 

完答した問題が0、という人も
珍しくありません。

 

 

 

そんななか、高得点を出したら
どうなるでしょうか?

 

 

 

あなたは、他の教科で
どんなにやらかしても

 

 

 

数学でのアドバンテージのおかげで
余裕で合格できます。

 

f:id:gennekihanndaisei:20170307181227j:plain

 

このようなことを可能にする
「超難関大学専用の数学攻略法」
しりたいですか?

 

 

 

ズバリ、それは

 

 

 

「法則の定義を
しっかりと理解する」

 

 

 

です。

 

 

 

例えば下の東大の過去問を
見てみてください。

 

f:id:gennekihanndaisei:20170307181231p:plain

 

難関大学と呼ばれる大学は
このように公式の証明を
多く出してきます。

 

 

 

「公式は理解してから使うべき」
ということです。

 

 

 

しかし、多くの受験生は

 

 

 

「公式はとりあえず覚えて
問題をどんどん解こう」

 

 

 

と思いがちです。

 

 

 

インプットの作業が甘すぎます。

 

 

 

なので、このような本質を突いた
問題を出されるとボロボロに
なってしまうわけです。

 

 

 

現に東大の加法定理の証明も
出来は非常に悪かったそうです。

 

 

 

なので、これからあなたにも
意識してもらいたいことは

 

 

 

「公式の証明は
自分でできるまでやる」

 

 

 

ということです。

 

 

 

一見無駄のように思えますが
それをすることであなたは

 

 

 

本番の数学で圧倒的に周りと差を
つけることができます!

 

 

 

では、今すぐ教科書を出して
加法定理の証明を
見てみてください!

 

 

 

これで、あなたは合格へ
着実に近づいています!

 

 

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!」

 

 

 

ではまた次の記事で
お会いしましょう!