偏差値43の元バカ高校生が教える! たったの3ヶ月で偏差値を70後半へ急上昇させ、阪大に余裕で合格した禁断の受験攻略メソッド

もと偏差値43で親からもダメな子扱いをされながら塾にかよっていて、それでも成績が上がらなかった僕が成績を急上昇させた誰でもできる完全初心者向けの『勉強の成功法則』を伝授します!

英語において超重要な情報をあなたへ...

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
才能がなく、親からもあきらめられていた僕が
わずか3ヶ月で偏差値を30近く上げ
『超難関大学』に合格したノウハウを大公開!
無料レポート『The root』~合格への道のり~
を受け取りたい方はこちら!

んにちは!     たかです!

 


今回は、あなたが理系でも
文系でも受験において
立ちはだかる壁

 

 

 

「英語」

 

 

 

の攻略法についてお教えします。

 

 

f:id:gennekihanndaisei:20170307164851j:plain

 

正直に言うと、英語を味方につけてしまえば
かなり受験において有利になれます。

 

 

僕の通っていた塾の先生も

 

 


「言語の科目は
必ず得意にしておくべきである」

 

 

 

と言っていました。

 

 

 

言語の科目、つまり英語と国語ですね。

 

 

 

言語の科目はほかの科目と比べても
かなり点数が安定します。

 

 

 

この二つの中でも僕の経験上、英語の点数は
一番安定します。

 

 

 

数学などは、自分と問題の相性が
かなり点数に響いてきます。

 

 

 

8割取った後に4~5割、ということも
普通に起きます。

 

 

 

でもそんなことは
言語の科目では起こらないのです。

 

 

 

例えば

 

 

 

「この日本語と相性あわないから
全く読めなくて何言ってるかも
さっぱりわからない」

 

 

 

ということはありますか?

 

 

 

ありませんよね。

 

 

 

なので、言語の科目、
特に英語は点数が安定するのです。

 

 

 

ここで、個人的な話ですが
英語の大切さについて再認識した
話をします。

 

 

 

僕は大阪大学を受験したのですが
一科目目の数学があまりにも
できなかったのです。

 

 

 

大学入学後に点数開示をしたのですが
4割にも届いてませんでした。

 

 

 

しかし、二科目目の英語で
7割以上の点数を取ることによって
それを挽回したのです。

 

 

 

しかも、英語を得意科目に
しておくことによって
一科目目の数学ができなくても

 

 

 

「二科目目の英語は得意だから
挽回できるかもしれない」

 

 

 

というように精神的にも安定します。

 

 

 

このように英語で安定して高得点を
とれるようにしておくことは
あなたが思っている以上に大事なことです。

 

 

 

英語が得意になれば
安定して高得点をとることができる
という事実があるので

 

 

 

 

 

試験本番でもあなたは緊張せずに
リラックスして試験本番に
臨むことができるでしょう。

 

 

 

しかし、英語の勉強をおろそかにして
不得意のままにしておくと
いろいろな悪影響が出ます。

 

 

 

まず、理系ならば数学、理科
文系ならば国語、社会といった
メインとなる教科にあてる勉強時間が
少なくなります。

 

 

 

このことはかなりつらいです。

 

 

 

とくに、受験期になると
みんなこのメインの教科を勉強するので

 

 

 

その時点で英語が不得意だと
英語の勉強に時間を割き

 

 

 

ほかの教科も勉強ができなくなり
さらに不利になります。

 

 

 

そして、あなたは

 

 

 

「あのとき
しっかり英語の勉強しておけばよかった」

 

 

 

と嘆くことになります。

 

 

 

もう後の祭りです。

 

 

 

先ほど

 

 

 

「英語が一番点数が安定します」

 

 

 

と言いましたが、逆に考えると

 

 

 

「英語がいつも悪い点数なのならば
試験本番も確実に
悪い点数をとることになる」

 

 

 

ということです。

 

 

 

つまり、英語を不得意にしたまま
試験本番までいくと

 

 

 

「英語は絶対悪い点数だから
ほかの教科で挽回しないと!」

 

 

 

と思い、かなりのプレッシャーを
受けることになります。

 

 

 

そんな状態では
まともに試験を受けることすらできません。

 

 

 

そして、自分の実力を発揮できずに
後悔することでしょう。

 

 

 

僕だったら
「英語」
というたった1教科で
こんなことになりたくありません。

 

 

 

あなたもこんなことになりたくなかったら
これから僕が記事にすることを
よく読んでください。

 

 

 

ズバリ、英語において一番大切なのは

 

 

 

「単語力」

 

 

 

です!

 

 

f:id:gennekihanndaisei:20170307164837j:plain

 

もちろん文法も大事なことです。

 

 

 

しかし、単語力がないと
文法以前の段階でつまづくことになります。

 

 

 

なぜなら、文法は
「この単語はこのように使いますよ」
ということを教えるものです。

 

 

 

そこで
「この単語自体知ってません」
となっていてははどうしようもありません。

 

 

 

また、大学受験の英語は単語さえわかれば
小学生レベルの文章です。

 

 

 

単語力がしっかりしていれば余裕で
7~8割はとれます。

 

 

 

なので、これからは英語の勉強は
単語を覚えることを
メインにやってみてください!

 

 

 

では、今から英単語を
3つでいいので覚えてみましょう!

 

 

 

これで、あなたは英語が得意になる第一歩を
踏み出したことになります!

 

 

 

詳しい単語の覚え方などは
また記事にします。

 

 

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

 

 

 

ではまた次の記事でお会いしましょう!